乳酸菌 食品

乳酸菌を多く含む食品

乳酸菌を多く含む食べ物、と言われるとどんなものを想像しますか?
多くの人はヨーグルトやチーズといった乳製品を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

ですが、それだけではありません。
乳酸菌を多く含む食べ物というのは、私たちの身の回りにたくさんあるのです。

日本食は乳酸菌の宝庫

例えば、日本食。日本食は実は、植物性乳酸菌の宝庫なのです。
普段、私たちが何気なく口にしている漬物。これは乳酸菌がたっぷりはいった食べ物です。

 

特に乳酸菌が多いのは、ぬか漬けです。
ぬかには良質の乳酸菌があり、これが野菜に染み込んでできたものです。
あの独特の風味は乳酸菌によって作られているのです。

 

またいつものお味噌汁に使う味噌も乳酸菌が入っています。
耐塩性が高い乳酸菌が使われているので、
ヨーグルトなどの動物性乳酸菌のように塩分で死滅することもありません。
漬物

 

世界の乳酸菌食品】

そして世界にも乳酸菌が含まれている食品はたくさんあります。
近場でいくなら韓国のキムチや中国のザーサイです。

 

何気なく食べていますが、あの風味も乳酸菌でできています。
そのまま食べてもいいし、炒めたりしてもおいしいからいろいろな食べ方ができますね。
ちなみにキムチの乳酸菌も植物性ですので、ヨーグルトなどの動物性のものに比べると、
胃酸などの酸に強く、腸まで届く可能性が高いのが特徴です。

 

またヨーロッパ地方にはサワーブレッドという酸味のあるパンがあります。
さらにドイツにはザワークラウトというキャベツの漬物があります。
これにも乳酸菌がたくさん入っているのです。
キムチ

 

意外なところに乳酸菌

実は、乳酸菌とは相性が悪いとも言われているお酒の中にも、
乳酸菌が含まれているものがあります。

 

ワイン、日本酒、韓国のマッコリなどがそうです。
これらのお酒のおつまみにチーズなどを選択すれば、
どちらからも乳酸菌を摂取することができて、一石二鳥です。

 

ワインはポリフェノールという抗酸化作用を持つ成分もたっぷり含まれています。
特に赤ワインに多く含まれているので、選ぶときにはぜひ赤を選びましょう。

 

日本酒については、にごったお酒を選ぶのがベターです。
よくにごり酒と呼ばれて販売されているものは特に乳酸菌が多く含まれています。
どぶろくなどが有名ですね。

 

また甘酒も植物性乳酸菌を多く含んでいます。
お正月などによく飲みますが、酒粕があれば作れるとっても手軽なものですから、
「お酒はちょっと苦手…」という人は甘酒を使うのも良い手段でしょう。

 

ちなみにマッコリもにごり酒です。
植物性乳酸菌がたっぷり含まれている上に、
日本酒に比べると飲みやすさもあるのでオススメです。
甘酒

 

手軽に摂取するなら乳酸菌飲料

最も手軽に乳酸菌を摂取する方法として、乳酸菌飲料が挙げられます。
身近なスーパーなどでも見かけるものですね。
ヤクルトやミルミルなどの商品が代表的でしょう。

 

これらの乳酸菌はほとんどが動物性のものですが、
最近は植物性乳酸菌を使って作られた乳酸菌飲料も発売されています。

 

また用途別(生きて腸まで届く、腸の環境を整える等)に開発された飲料も出回っており、
自分の希望する作用を持った乳酸菌飲料を購入することができるようになっています。

 

身体を整える乳酸菌の作用に対する関心は高くなっており、
乳酸菌を含む食べ物に注目が集まっています。

 

もしかしたら、自分が好きな食べ物が乳酸菌を含んだものかもしれません。
興味がある方は一度調べてみてはいかがですか?

 

乳酸菌サプリメントランキング


このページの先頭へ戻る