乳酸菌を増やす方法

乳酸菌を増やす方法

乳酸菌の増やし方を説明する男性

腸内環境を整えることが、健康であるために必要なことであるというのは、もう言わずと知れたことです。そして腸内環境を整えるために必要なのが乳酸菌であることもよく知られています。

 

では、この乳酸菌を腸内で増やすためにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、乳酸菌を増やす方法や、減らしてしまう原因などについてをご紹介していきます。

乳酸菌はどうして減ってしまうのか?

基本的にバランスの取れた食生活をし、規則正しい生活をしていれば、乳酸菌は元気に腸内で活動してくれます。
しかし、何らかの影響でそれが崩れてしまうと乳酸菌はどんどん減っていってしまいます。
その一番の理由が食生活とストレスです。

 

特に最近は食生活の乱れというのが問題になっていますね。
忙しさから、ジャンクフードばかりになってしまっていたり、
肉が好きだからと野菜を食べずに肉ばかり食べていたりする人も多くいます。

 

しかしそれは乳酸菌を減らしてしまう原因です。
腸内に生息している悪玉菌というのは肉が大好物で、
消化不良になった肉は悪玉菌の餌になるのです。
そうして悪玉菌が優勢になれば、体には悪いことしか起きません。

 

ですから、バランスのよい食生活というのが大切になるのです。
野菜や乳酸菌を含む食べ物をバランスよく取り入れていく必要があります。

乳酸菌を増やすのに効果的な食べ物は?

乳酸菌は腸内の善玉菌の一種です。
そんな乳酸菌を活性化させるためには、腸内の善玉菌を増やすことが重要となります。
善玉菌を多く含む食材を積極的に食べて、
腸内を悪玉菌優勢にならないようにしていきましょう。

 

善玉菌が含まれている食べ物として、代表的なヨーグルトをはじめとして、
発酵食品である漬物類、味噌類、チーズの他牛乳もオススメです。

 

チーズを食べる場合は加工されているものよりも、ナチュラルチーズを選びましょう。
こちらの方が加工されたチーズに比べて乳酸菌の含有量が高いと言われています。

 

乳酸菌を陰ながらサポートしてくれる納豆菌も積極的にとりましょう。
納豆菌は悪玉菌を殺すはたらきを持っているため、
特に悪玉菌優勢となった腸内環境を改善するときに強い味方となってくれます。

 

便秘が続いていたりオナラのニオイが気になったり…と、
悪玉菌が増えている感じがしたときはすすんで納豆を食べるようにしましょう。

 

また、乳酸菌はオリゴ糖やグルコン酸が餌になります。
オリゴ糖・グルコン酸を含む食べ物を食べたり、
砂糖の代わりにオリゴ糖を使うなどすると、より乳酸菌が活発に動くようになります。

 

オリゴ糖が多く含まれている食べ物として代表的なのはバナナです。
特に、バナナは食物繊維も豊富に含んでいるため、腸内の健康をサポートしてくれます。

 

また、蜂蜜にはオリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれているため、
砂糖の代わりとして使ったり、紅茶に入れて飲んだりするのがオススメです。
その他、ポン酢もグルコン酸を豊富に含んでいると言われています。

 

ヨーグルト

ストレスは悪玉菌増加の元!ストレス解消して腸内環境を整えよう

ストレスを溜めないことも大切なことです。
ストレスは万病のもと。そして、乳酸菌が減少する理由でもあります。
自分なりのストレス発散法を持つことも、乳酸菌を増やすためには重要なことなのです。

 

気軽に取り組めるもので構いません。
自分なりのストレス発散方法を見つけて、取り組んでいくようにしてみましょう。

 

効果的なストレス解消法は人によって異なりますが、
例えば映画鑑賞や読書、ゲーム、アニメ鑑賞、音楽鑑賞、スポーツなどが挙げられます。
空き時間ができたときは、自分の好きなことに思い切り没頭してみましょう。

 

また、好きなことに没頭する以外にはアロマテラピーや半身浴、
ストレッチ、ヨガなどもオススメです。
特にアロマテラピーと半身浴をあわせてアロマ風呂にしてみると、
よりリラックスしやすくなるでしょう。

 

自分なりに工夫して、より良いストレス解消法を見つけていくことをオススメします。

 

このように、ストレスを溜め込みすぎず、腸内環境に良い影響を与える食べ物を意識して、
バランスの良い食事を心がけることで、効率よく乳酸菌を増やしていくことが出来ます。

 

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢、免疫力の低下、
肌荒れなど様々な悪影響が起こりやすくなります。
食事やストレス、生活習慣などに気を付けて、
乳酸菌を増やしやすい腸内環境作りを心がけていきましょう。

 

当サイトのおすすめ乳酸菌サプリはこちら


このページの先頭へ戻る