乳酸菌の働き

乳酸菌の働きについて

乳酸菌の働きを説明する男性

この世界に、数多く存在すると言われている細菌の中でも、私たちに良い効果をもたらしてくれる細菌として有名なのが乳酸菌です。

 

ヨーグルトやチーズなどに含まれていることで知られている乳酸菌、これはひとつの菌を指すのではありません。ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作り出すサイクルを持つ細菌を総じて乳酸菌と呼んでいるのです。

 

乳酸菌が含まれている食品は、乳酸菌によって作られた乳酸で酸味が強くなっていることが多くあります。ヨーグルトのあの独特の酸味は乳酸菌によって作られたものなのです。

 

では、この乳酸菌の働きとは具体的にどのようなものなのでしょうか??

乳酸菌の働きその1:腸内環境正常化

まず第一に挙げられるのは、腸内環境の正常化でしょう。
糖を分解し、乳酸を作り出すことによって、
悪玉菌の毒素を中和し、腸内の環境をキレイにしてくれます。

 

また、腸内環境を酸性にすることで、
有害な菌(悪玉菌)の繁殖や毒素が生まれ吸収されることを防ぎます。
悪玉菌はアルカリ性の環境を好むため、
善玉菌によって環境が酸性に傾くと繁殖しにくくなるのです。

 

さらに、摂取した乳酸菌が胃酸や胆汁でで死滅してしまったとしても、
この死菌は腸内の悪玉菌を吸着して体外へ排出するという働きがあります。
また、腸内にいる善玉菌のエサにもなるため、決して無駄死というわけではないのです。

 

生きていても、死んでいても、
乳酸菌は私達の腸内の環境を正常に保つために働いてくれているのです。

乳酸菌の働きその2:便秘や下痢の防止

次に便秘や下痢の防止です。
乳酸菌には、女性が悩みがちな便秘や辛い下痢を防ぐ働きがあります。

 

乳酸菌を摂取すると大腸のぜん動運動が活発になるため、
腸内に溜まっていた便を押し出す効果を期待することができます。

 

また、便の水分量を調整するという効果もあります。
栄養素の偏りや水分不足などによって硬くなり、
外に出にくくなってしまった便に水分を与え、
排出しやすい状態に変えてくれるという効果を期待することができるのです。

 

さらに腸の粘膜を覆うことで、有害菌の侵入を防ぐはたらきや免疫の強化、
ビタミンの産生といったはたらきもあります。

乳酸菌の働きその3:免疫機能の向上とアレルギーの緩和

腸には免疫機能が集約されていて、人間の免疫機能のうち60%は腸にあるといわれています。
身体を守るうえで腸はとても大切な器官なのです。

 

ですが悪玉菌によって腸内環境が悪くなってしまうと、
免疫機能も鈍くなり風邪をひきやすくなったり、
重大な病気を引き起こしてしまうという危険性が高くなります。

 

乳酸菌はこの免疫機能を正常にするという効果があります。
免疫機能が高くなると病気になりにくくなるだけでなく、
風邪を引いてしまったとしても回復が早くなります。

 

また、アレルギー症状を持つ人は、
免疫機能が正常になることによってアレルギー症状の緩和も期待できます。
アレルギーとはそもそも、免疫機能が過剰に働いてしまうことによって起こるものですから、
正常に作用するようになればその症状も緩和できるというわけです。

 

ちなみに、花粉症などもアレルギー症状のひとつですので、
乳酸菌を継続的に摂取することによってこの症状も緩和できる可能性があります。

 

乳酸菌の働きというのは、
私たちが健康で快適に過ごすためにはなくてはならないものです。
日頃から腸内環境に気を付け、乳酸菌を多く含む食品や、
乳酸菌の餌になるものが入った食品(オリゴ糖など)を食べるように心がけたいものです。

 

乳酸菌サプリメントのランキングはこちら


このページの先頭へ戻る