乳酸菌 免疫

乳酸菌と免疫の関係

乳酸菌と免疫の関係について説明する男性

人間の体には免疫があります。これは外から侵入した異物やウイルスに対抗する力です。実は乳酸菌にはこの免疫を強化する力があると言われているのですが、実際どのように強化するのでしょうか。

免疫のメカニズムってどうなってるの?

まずは人間の身体に備わっている免疫について知っていきましょう。ヒトの身体にある免疫には実は2種類あります。それが「自然免疫」と「獲得免疫」です。

 

自然免疫というのは、ヒトの免疫システムの中でも最前線に位置しています。身体に侵入したウイルスを攻撃したり、そのウイルスにかかってしまった細胞を攻撃したりする役目を持っています。
NK細胞、貪食細胞、抗原提示細胞といったものがこれにあてはまります。

 

次に獲得免疫です。
これは特定の細菌やウイルスを攻撃するための抗体を作り出したり、
その抗体の働きを制御したりする役目を持つシステムです。
抗体を作り出すのがB細胞、それを制御するのがT細胞。これらが一般的に有名です。

 

この自然免疫と獲得免疫が正常に作用していれば、
私達の身体は免疫に守られて病気にかかりにくくなります。

 

しかし、偏った食事をしたり、ストレスの多い生活をしていたりするとこのバランスが崩れ、
病気になってしまったり、あるいはアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

これらのバランスを保つ役目を持っているものとして、
注目されているのが、実は乳酸菌なのです。

 

乳酸菌と免疫の関係

乳酸菌といえば、腸内で繁殖することで腸内の環境を整えるとして有名なものですよね。
生きて腸まで届く、なんていうフレーズも最早聞き慣れたものとなりました。

 

さて、腸というのは異物が通りやすい場所でもあります。
基本的に、モノは口から入ります。その後、食道、胃と続いて小腸や大腸にいくわけですね。
腸は最後に通る場所ですので、口からの道のりで排除されなかった異物は腸に達するのです。

 

この一連の道の中に、口から入ったものが異物であるかどうかを検査するものがあります。
これもまた、免疫システムの一つです。

 

この免疫には、免疫細胞であるTh1とTh2というものが関係しています。
この2つがバランスを保っていれば、人間の免疫は正常に機能することになり、
身体を異物から守ることができます。

 

しかし、何らかの形でTh2のほうが多くなってしまうと、
アレルギー反応を起こすことがあるのです。
アレルギー体質と言われている人は、
このTh2が多くなっているためであることが多くあります。

 

この時、乳酸菌を摂取するとTh1とTh2のバランスを保つ働きを示すために、
アレルギー反応が改善されると言われています。

 

つまり、このTh1とTh2のバランスを改善することが、
免疫機能を高めていると言われている理由なのです。

 

また最近は、実験によってがん細胞やインフルエンザウイルスを攻撃すると言われている、
ナチュラルキラー細胞の1種、ナチュラルキラーT細胞が、
乳酸菌によって増えるということがわかりました。

 

さらに、乳酸菌は最初に異物を発見して攻撃する、
白血球であるマクロファージのエサにもなるため、とても重要なものなのです。

 

乳酸菌は私達の身体を守る免疫システムを、
正常に保つために非常に重要な役割を果たしています。

 

免疫システムは心強いですが、ストレスなどによって容易に崩れてしまうこともあります。
あなたの日常生活に乳酸菌を取り入れて、病気知らずの身体になりましょう。

 

当サイトのおすすめ乳酸菌サプリはこちら


このページの先頭へ戻る