乳酸菌とは

乳酸菌とはなにか

人間は日々、細菌と隣り合わせで生活しています。
細菌と聞くと「悪さをする」というイメージをどうしても持ってしまいがちですが、
実は、私たち人間の体に良い働きをする細菌もいます。

 

そのひとつが「乳酸菌」。ヨーグルトなどに含まれていることで有名な細菌ですが、
具体的にどのような働きをするのでしょうか。

ヨーグルト

乳酸菌ってどんな菌?

乳酸菌とは、腸内においてブドウ糖を分解して乳酸を作り出す細菌です。
消費したブドウ糖に対して、50%以上の乳酸を産生する細菌を「乳酸菌」と定義しており、
主にヨーグルトやチーズ、バターやバターミルクといった発酵食品に多く含まれています。

 

私達の身体の中には約100種類、100兆個の細菌が住んでいて、
このうち乳酸菌は40種類程度と言われています。

 

乳酸菌は酸素の少ない環境を好んでおり、
人間と同じく炭水化物やタンパク質、脂質などの5大栄養素を必要とする細菌です。
自分以外の何かから、栄養素を摂取しなくてはいけない細菌というわけです。

 

ただし、5大栄養素は直接的な乳酸菌のエネルギーにはなりません。
乳酸菌はあくまでも糖からエネルギーを生成します。
その他の栄養素は菌体の構成成分や代謝といったことに関与しているのです。

 

乳酸菌に注目した科学者

この乳酸菌が注目され始めたのは今から約100年ほど前のことです。
1899年に乳酸菌の代表ともいえるビフィズス菌が発見されたのです。

 

そして、それから研究が進み、
乳酸菌は人間の健康や老化に大きな関係があるという考えが生まれたのです。

 

現に、ヨーグルト等から日常的に乳酸菌を摂取しているブルガリア地方の人たちは非常に長寿。これに着目したロシアの微生物学者であるメチニコフは独自に乳酸菌の調査を進めます。

 

彼は晩年、腸内腐敗によって老化が進行すると考え、
それを抑える効果があるものとして乳酸菌に注目。
自ら、長寿の国であったブルガリアのヨーグルトを食べることによって調査を進め、
その結果「乳酸菌不老長寿説」を提唱したのです。

 

彼が注目した乳酸菌の効果が、科学的に証明されたのはその100年後でしたが、
乳酸菌に対する彼の考え方があったからこそ、
今の乳酸菌の立場があるといっても過言ではないでしょう。

乳酸菌は「善玉菌」

乳酸菌の働きは乳酸を生み出すだけではありません。
乳酸菌は「善玉菌」の一種としても知られているものです。
善玉菌は人間に良い効果を与える細菌のことをいいます。

 

逆に悪影響を与えるものを「悪玉菌」と呼びます。
この悪玉菌が善玉菌よりも腸内に多くなると毒素が腸内に充満し、
便秘や下痢などを起こします。

 

これを改善してくれるのが乳酸菌です。
乳酸菌の働きをよくすることにより、悪玉菌から出される毒素を中和します。

 

さらに便秘下痢などの症状を改善する整腸作用や免疫力の増強、
ガンの抑制などの効果も期待できると言われています。

 

善玉菌と悪玉菌は常に陣取り合戦をしているような状態であり、
どちらかが減ればどちらかが増えるという様相になっています。
つまり、善玉菌を多く増やすことによって悪玉菌を減らし、
より健康増進につなげることができるというわけです。

 

このように乳酸菌は私たちの体にとって必要不可欠なものであり、
積極的に摂取したいものなのです。

 

当サイトおすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら


このページの先頭へ戻る