乳酸菌には植物性と動物性がある

乳酸菌について説明する男性

体の健康のために必要であることが広く知られている乳酸菌ですが、実は「植物性」のものと「動物性」のものがあるということはご存知ですか?

 

乳酸菌というと、どうしてもヨーグルトやチーズなどを連想してしまうので、乳製品にしか含まれていないと思いがちですが、そうではありません。乳酸菌はさまざまな食材に含まれているのです。

 

そして、植物性のものと動物性のものでは同じ乳酸菌でもまったく特徴が違います。この記事では、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌それぞれの特徴についてご紹介していきたいと思います。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌は植物に由来するすべてのものに含まれており、他の微生物たちとも共存が可能になっています。特に野菜を発酵させて作る漬物や味噌、醤油などには豊富な植物性乳酸菌が含まれていると言います。

 

そして、漬物の中でも特に植物性乳酸菌の宝庫とされているのがぬか漬けです。元々ぬかには豊富な植物性乳酸菌が含まれているため、発酵させることでより量を増やすことができるといいます。

 

このように植物系の食べ物を中心に含まれている植物性乳酸菌。実は、過酷な環境でも強い乳酸菌だと言われています。植物性乳酸菌の宝庫とされる食べ物には、塩分が多く含まれているものが多いですよね。また、同時にカロリーも低いものが多いです。

 

つまり、植物性乳酸菌はこのような過酷な状況でも元気に活動しているということになります。そのため、熱や胃酸にも強く腸内まで生きた状態で届きやすいと言われているのです。
味噌

 

動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトといった乳製品に存在している乳酸菌です。
動物が持つ乳糖を餌にして生きているため、このように呼ばれています。

 

基本的に乳糖を餌にしている動物性乳酸菌は、ヨーグルトならヨーグルトの中、チーズならチーズの中など、乳糖が存在している場所でしか生息することができないようです。また、他の細菌と一緒に生息することも困難と言われており、非常にデリケートな乳酸菌であることが分かります。

 

つまり、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌と比べると弱く、胃酸などに負けてしまい、腸内にたどり着くことができないものが多いと言われています。

 

しかし、動物性乳酸菌は腸内で乳酸を作ってくれる乳酸菌です。乳酸は腸に刺激を与えて、蠕動運動などの活動を活発化させる材料となってくれます。このため、便秘の改善などの効果が期待できるわけです。

 

このように、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌に比べて弱い乳酸菌ですが、腸内活動をサポートするためには欠かせないものと言えます。ある程度腸内に生きた動物性乳酸菌を届けるためにも、毎日積極的に動物性乳酸菌が含まれた食材を食べることが重要となるでしょう。
ヨーグルト

 

日本食は植物性乳酸菌が豊富!

以上から考えてみると、日本食は植物性乳酸菌に溢れています。
漬物や味噌、醤油など様々なものに植物性乳酸菌が含まれているからです。

 

特に乳酸菌の宝庫とされているぬか漬け。元々豊富な乳酸菌を持つぬかによって発酵された野菜は、実にたくさんの乳酸菌を含むようになります。あの独特の風味も、ぬかからの栄養が野菜にしみわたることで築かれているわけですね。

 

つまり、日本食を食べるようにするだけで、
乳酸菌をたっぷりとることができるというわけです。
胡瓜のぬか漬け

 

皆さんの日頃の食事は、バランス良いものですか?
ついつい、肉食中心になっていたり、カロリーが高いものばかり食べていませんか?

 

そのような食事では、乳酸菌をとることが出来ないのでどんどん腸内環境は悪くなってしまいます。たまには食事を和食にして、腸内を植物性乳酸菌で満たせば、健康な身体作りに繋げていくことができるはずですよ。

 

おすすめ乳酸菌サプリのランキングはこちら


このページの先頭へ戻る