乳酸菌 種類

乳酸菌にはいろいろな種類がある

腸の環境をよくしてくれると言われている乳酸菌ですが、
実は1種類だけではなく、たくさんの種類があることをご存知ですか?

 

私たちの生活の周りには、多くの乳酸菌で溢れているのです。
ここでは、その中でも代表的な乳酸菌をご紹介しましょう。

 

ビフィズス菌

最初に発見されたと言われている乳酸菌です。
最もポピュラーな乳酸菌であり、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。

 

ビフィズス菌には腸内の善玉菌を増やすはたらきがあります。
また腸内を酸性に保ち、悪玉菌の繁殖や毒素の産生を防ぐはたらきがあります。

 

その他にも、ビフィズス菌を摂取することで、
アレルギー症状を抑える効果を期待できるとも言われています。
花粉症などのアレルギー症状に悩まされている人は、
積極的にビフィズス菌を摂取すると良いでしょう。

 

ラブレ菌

乳酸菌の種類について説明する男性

カブの一種であるスグキという野菜の漬物から発見された菌の一種です。乳酸菌としては珍しく腸内で増殖するという特徴を持っています。

 

漬物から発見された、というくらいですから、当然ですが、植物性乳酸菌です。これを配合している乳酸菌飲料などもありますね。

 

ラブレ菌には、インターフェロンという物質の産生能力を高めると言われています。抗ウイルス作用、抗腫瘍作用、免疫調節作用といったはたらきがある物質なので、ラブレ菌を摂取することで、体の免疫機能を高めることができるのです。

 

その結果、エイズや癌のような重篤な病気を予防する効果も期待できると言われおり、この驚きの健康効果から、近年ではアメリカでもスグキが「マジックピクルス」と呼ばれて注目されているようです。

 

ラクトバチルス・ガセリ菌

ちょっと噛みそうな名前ですが、
私たちの胃の中にいるというピロリ菌を殺傷する力がある乳酸菌です。

 

ピロリ菌は胃潰瘍の原因にもなる菌と言われているので、
ストレスを溜め込みやすい現代人にはとても強い味方です。

 

腸だけでなく、胃の中も正常に保つ力があります。
主にプロバイオティクスヨーグルトに含まれています。

 

プロテクト乳酸菌

主に免疫力を向上させる効果を期待できるとして近年注目されている乳酸菌の1つです。
発酵食品や漬物に含まれていると言われており、
特にしば漬けに多く含まれると言われています。

 

この乳酸菌の特徴は細胞壁が分厚いことです。
乳酸菌の細胞壁には、免疫を活性化させる成分が含まれているため、
壁が分厚いほど免疫力を活性化させやすくなるといいます。
この特徴こそ、プロテクト乳酸菌が持つ免疫力を向上させる働きの答えだったわけです。

 

免疫力の向上させる働きを持つプロテクト乳酸菌は、
摂取することで花粉症などのアレルギー症状を抑制したり、
感染性の病気を防ぐなどの効果を期待できるでしょう。

 

ラクティス乳酸菌

大豆から抽出されている、植物性乳酸菌です。
普通の乳酸菌とは少し違っていて、
腸内の乳酸菌を増やす働きを持つ乳酸菌と言われています。

 

お腹の調子が悪く便秘気味など、腸内環境が悪いときに摂取することで、
腸内の乳酸菌を増やし、善玉菌優勢の環境づくりをサポートしてくれるでしょう。

 

コッカス菌

元々人の腸内で生息している腸内乳酸菌の1つです。
腸内では悪玉菌を分解して腸内環境を健康に保つ働きをしています。

 

コッカス菌の特徴は、消化液に強いことです。
この特徴があるため、胃酸などに負けてしまうことなく、腸内まで辿り着くことができます。

 

また、コッカス菌には悪玉菌を分解する作用の他に、
血液をサラサラにする働きや基礎代謝を高める働き、
癌を予防する働きなどが期待されています。

 

腸内を悪玉菌優勢から守るとともに、体全体の健康にも役立つ乳酸菌と言えるでしょう。

 

クレモリス菌

近年注目されているカスピ海ヨーグルトに多く含まれている乳酸菌です。
この乳酸菌、実は少し面白い特徴を持っています。
それは、「乳酸を生成するのに、乳酸によって死滅してしまう」というものです。

 

「それだとカスピ海ヨーグルトで乳酸菌をとっても意味ないんじゃ…」と、
不安になってしまいますね。でも、心配ありません。

 

カスピ海ヨーグルトには、
クレモリス菌と一緒にアセトバクター菌という菌が存在しています。

 

この菌はクレモリス菌が生成する乳酸を減らす働きがあるため、
ヨーグルトの中で乳酸が増えすぎて、
クレモリス菌が全滅してしまうのを防いでくれています。

 

クレモリス菌は整腸作用の他に免疫力を向上させるなどの効果を期待できます。
その他にも肌荒れ改善や血糖値の改善など、幅広い効果を期待できるようです。

 

有胞子性乳酸菌

優れた耐熱性を持つといわれている乳酸菌です。
基本的に乳酸菌はおよそ70度の熱で死滅すると言われています。
しかし、有胞子性乳酸菌は85度以上の熱を加えても死滅しないと言われているのです。

 

また、糖や塩分と一緒になっても問題なく、加工して摂取しやすい特徴も持ちます。
乾燥させても問題ないので、保存性も抜群です。

 

そんな有胞子性乳酸菌は、腸内で増殖して、
ビフィズス菌を増やすなどのサポートをしてくれます。
腸内環境を整えるには、最適な乳酸菌と言えるでしょう。

 

 

このように、代表的なものだけでもたくさんの種類が存在しています。
どの乳酸菌にもそれぞれ特徴があり、健康によい影響をもたらしてくれます。

 

そのため、いろいろな乳酸菌を摂取することで、
もっと健康的な毎日を送れるようになることでしょう。

 

乳酸菌サプリランキングはこちら


このページの先頭へ戻る