乳酸菌 花粉症

乳酸菌で花粉症対策

乳酸菌と花粉症対策について説明する男性

冬の厳しい寒さから解放され、心地の良い暖かさが魅力の春ですが花粉症を持っている人にとっては、苦痛な時期この上ないでしょう。

 

鼻水やくしゃみの症状に悩まされるだけでなく、激しい目のかゆみや涙、咳などの症状が出る場合もあり、マスクやティッシュなどが手放せないという人は少なくありません。

 

せっかく暖かくなり始めて散歩するのも気持ちの良い季節となる春ですが、花粉症を考えるとどうしても憂鬱な季節にしか思えなくなってしまいますね。

 

そんな花粉症を改善できる効果が、
乳酸菌に隠されていることを皆さんはご存知でしょうか。
ここでは、乳酸菌と花粉症の関係について紹介していきたいと思います。

 

乳酸菌が免疫機能のバランスを保っている…!?】

乳酸菌といえば人間の腸に良いものというイメージが強い人が多いでしょう。
確かに乳酸菌は腸内の善玉菌の一種で、悪玉菌の抑制や便秘改善に効果を発揮してくれます。

 

しかし、実際には腸内環境を整えるだけでなく、
免疫機能のバランスを保たせるという重要な役割も担っていたのです。

 

花粉症のようなアレルギー反応が起こっている原因は、
人間の免疫機能のバランスが崩れていることにあるといいます。

 

本来、外部からの雑菌に対して抗うのが免疫機能ですが、
これが過剰に働きすぎると今度は体に異常を来す結果になってしまいます。
そのため、それを過剰に働きすぎないように抑制することで、
正常な免疫機能が維持されるのです。

 

しかし、一度そのバランスが崩れて過剰に抗う機能が働いてしまうと、
たちまちアレルギー反応を起こしたりするようになってしまいます。

 

乳酸菌はこのようになった免疫機能を正常に戻す働きを持っています。
その結果、花粉症などのアレルギーを抑制していくことができるのです。

 

以上のことから、乳酸菌は花粉症対策に非常に効果的なものであると言えるでしょう。
ヨーグルト

 

スグに効果を期待できるわけではない…?

「乳酸菌で花粉症対策できるなら、早速ヨーグルトを食べよう!」となるかもしれませんが、
実は乳酸菌を摂って、すぐに症状を緩和させるなどの効果を
期待できるわけではないので注意しましょう。

 

乳酸菌は毎日続けて摂取していくことで、
腸内環境を改善し、免疫のバランスを整えていきます。
そのため、食べてスグに効果が期待できるわけではなく、
少しずつ体質改善をしてくれるものなのです。

 

もちろん、一気に大量の乳酸菌を摂取しても急激な効果を期待することは出来ません。

 

花粉症対策として乳酸菌を摂取する場合は、出来れば花粉症の症状に悩まされる時期の
1ヶ月前くらいから乳酸菌をとり続けるようにしてみてください。
遅くとも、2週間前くらいから始めることで、
効果を期待できる可能性が高くなると言われています。

 

砂糖が入ったヨーグルトでの対策はNG

乳酸菌を手軽に摂取出来るものの代表といえば、ヨーグルトですね。
ヨーグルトを毎日食べることで花粉症対策をするのも良いですが、
砂糖が入ったヨーグルトでは期待できる効果が薄れてしまうので気を付けましょう。

 

白砂糖は、免疫力が低下してしまうのを防いでいる
ビタミンBを減らしてしまうと言われています。
せっかく免疫力強化のために乳酸菌を摂取しているのに、
砂糖が入っているだけで意味がなくなってしまうのです。

 

そのため、ヨーグルトは出来れば無糖のものを食べるか、
甘味を加えたい場合は蜂蜜などを使用するとよいでしょう。

 

ちなみに、最近では乳酸菌が凝縮されたサプリメントが注目されています。
このようなサプリメントなら食べるときの味を気にしなくて済みますし、砂糖なども含まれていないので、手軽に花粉症対策のための乳酸菌摂取を続けることが出来ます。

 

毎日ヨーグルトを食べるとなると飽きがくることもあるでしょう。
でも、サプリメントならその必要もありません。手軽に乳酸菌を補えるサプリメントを有効活用して、花粉症対策に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

このように、乳酸菌は花粉症などのアレルギー対策にも効果を期待できるものです。
アレルギー対策のために乳酸菌を摂取する場合は、継続することが最も大切となります。
焦らず毎日続けることを習慣にして、厄介なアレルギー対策をしていきましょう。

 

乳酸菌サプリメントランキングはこちら


このページの先頭へ戻る